果たしてカーローンの年利と審査の厳しさとの関連性とは

とにかく急いでいる方 三井住友銀行カードローンでローンを組む

カーローンで借りる時には、必ず金利を払う事になります。

そして、金利の数字は各会社によって異なるのです。

その数字が比較的高めな会社もあれば、その逆もあります。

それでカーローンを検討する際には、金利が高いか低いかを基準にする事もあるでしょう。

金利は金融会社に対する明確な手数料だからです。

しかしカーローンは金利だけで選べるものではありません。

金利が低めなカーローンは、審査のハードルと大きな関係があるからです。

全体的にカーローンの金利と審査の厳しさは、反比例の関係があります。

審査が通りやすいローンを望むのであれば、あえて金利が高めな商品が検討される事も多いです。

例えばあるカーローンの場合は、金利が4%台に設定されているとします。

それに対して別の商品は、3%台です。

この場合は、後者の方が前者よりも審査は通りづらい傾向があります。

この数字が低めですと、それだけ審査も厳しくなるからです。

ですから審査が通りやすいカーローンを望むなら、あえて前者の4%台にする選択肢もあります。

その代わり、手数料は高めになるのです。

このようにカーローンは、金利だけが唯一の基準になる訳でもないのです。

審査の厳しさなども考慮して、総合的な観点からカーローンを選ぶと良いでしょう。

様々な割引のメリットがある銀行が提供するカーローン

カーローンは、ディーラーから紹介される事が多いです。

ディーラーは金融業者と提携していますから、そこからカーローンを提示されるケースもよくありますが、銀行も選択肢の1つになります。

様々な要素を考慮すると、ディーラーよりは銀行の方が良い事もあるのです。

確かにディーラーの場合は、手続きは速やかに完了する傾向はあります。

しかし銀行のカーローンも、様々なメリットはあるのです。

というのも銀行が提供するカーローンは、様々な割引が生じる事があります。

例えば、運転免許との関連性です。

そもそも運転免許と言っても、様々な種類があるでしょう。

ゴールドの免許などもあります。

それで銀行が提供するカーローンは、運転免許の種類と連動している事も多いのです。

上記のようなゴールドの免許を保有していると、通常よりも金利が割引される場合があります。

その他にも、普段からの銀行での取引も金利に関わる事が多いのです。

公共料金を支払う為に、銀行の口座引き落としを使用する事もあるでしょう。

その料金支払いの状況によっては、割引が生じる場合があります。

このような割引の兼ね合いもあり、ディーラーよりは銀行の方がお得な事も多いのです。

ですからディーラーが紹介してくれるカーローンだけでなく、銀行も視野に入れてみると良いでしょう。

果たしてカーローンの審査の通りやすさと年収との関係とは

カーローンは、必ず審査があります。

もちろん審査に通れば、カーローンで借りる事は可能なのです。

ですが金融業者による審査で落とされる事も、たまにあります。

その審査を心配している方々も多いですが、基本的には収入が主な基準になるのです。

カーローンは、もちろん借りる商品になります。

ですから金融業者としては、安定収入があるかどうかを重視しているのです。

収入が不安定ですと、審査落ちになる事はあります。

それだけではありません。

収入との兼ね合いもあるのです。

基本的にカーローンは、40%という数字が1つのポイントになるでしょう。

年収に照らし合わせて、40%以内になるかどうかで、審査の通りやすさも変わってきます。

例えば現在の年収が300万だとします。

それでカーローンで借りたい金額が200万ですと、審査で落とされる事もあるのです。

というのも300万に対する40%ですと、120万という数字になるでしょう。

この数字よりも大きいと、カーローンで借りるのは少々困難なのです。

上記は明らかに120万を上回っていますから、カーローンの審査で落とされてしまう事もあります。

逆に融資希望額が低めならば、審査に通りやすくなる傾向はあります。

カーローンの審査は、年収と大きな関連性がある訳です。

コメントは受け付けていません。